機関紙 月刊『人権と教育』

実現する会の機関紙、B5版20ページ、年10回発行。障害児教育にかんする各種インフォメーション、就学運動、教育と人権全般にわたる時評・主張など多彩な編集。年間定期購読料2200円、送料込み。
“見本紙送れ”にも応じます。

月刊『人権と教育』500号発刊!(2016.9.20)

 ーーーーーーーーーーーーーーー
 記憶を奪われた頭部    上野  遒

  ーーーーーーーーーーーーーーー

   2016.11.20   502号
   戦争への道を許さない!

 

月刊『人権と教育』501号 (2016.10.20)

500号記念特集

   戦争への道を許さない!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
障害児教育

月刊『人権と教育』502号 (2016.11.20)

   戦争への道を許さない!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これ以上高齢者いじめをつづけるな!!

  ーー最近の介護保険制度の見直し論議から

              佐久間 敏幸

 ◆ 父として母として ◆

地域で懸命に生きる娘

 ーー 中学生になって    小森 直子

 

 

高齢者施設レポート・65

「なんですか、一人でなんでもできますよ!」

 

 ーートイレにこもり、30分も…

               佐藤 与志子

 

学校現場から】 

クラス集団のなかでつ      遠藤 行博

 

声、こえ、コエ

 

 

■ おきなわ通信 

「土人」の連携こそ力       幸地 一

 

日々折々

多様性こそ学びの基礎     村上 起久子

 


◆ 自然を観る・116 

キイロスズメバチの引っ越し    平林 浩

 

◆ 教室にはさまざまな子が
御囃子発表会に招待

 

  大吉のおばあちゃんとの出会い 2
                浜中 健一

 

◆ 私と野宿者(5)

「住」は人権

  ホームレス自立支援法の延長を!

               小松 知恵子

 

 

問われているのは

本土日本人の「沖縄ないがしろ」意識

  ー大阪府警機動隊隊員の沖縄差別発言 

                宮永 潔

 

虫めがね

天皇一家も当たり前の人間   池田 祥子

 

◆ 発言あり

「天皇の象徴的行為」は「解釈改憲」の産物

                北野 誉

 

アジアの今》

「土下座」ではなく「ハグ」を!

  韓国・朝鮮人原爆犠牲者追悼       

               田島 伸二

 

● 活動報告

奪い合う社会から与え合う社会に

  郡山の子どもたちと遊ぶ会 2

                武井 誠

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新たな差別を持ち込むのか

 ー教育再生実行会議「第九次提言」を読む

                 宮永 潔

 

声、こえ、コエ


本の紹介】 金子兜太著

あの夏、兵士だった私

  ー96歳の戦争体験からの警鐘』 

               野村みどり

 

日々折々

「入学許可」と「ナチス式敬礼」

               猪股 和雄

 

発言あり】 

安保法制立一周忌

 ーー抗議デモに参加して    緒方 久子

 

学校現場から】 

れん君の二学期は、嵐の船出

 ーーやさしい人には舐めてかかり、

           強い人には従う

                遠藤 行博


◆ 教室にはさまざまな子が
47年間も声をかけ続けてくれた

  大吉のおばあちゃんとの出会い!
                浜中 健一

 

◆ 自然を観る・115 

私の一番嫌いな風景       平林 浩

 

◆ 500号に寄せて

衝撃的事件にリアルに向き合うこと

                池田 祥子
 

縁・吉川守さんを忘れ難く

 ーー丸木美術館「海ゆかば」問題   

               田島 伸二

 

 

◆ 父として母として 

娘 早輝(さき)ありのままに生きて

 ーーいまだ発展途中     高橋 由紀子

 

雨にも台風にも負けず

「さようなら原発、さようなら戦争」

          大集会  石川 愛子

 

虫めがね

北方領土返還

               殿岡 駿星

 

◆ 私と野宿考(4)

一緒に生きていきたい。

   殺すな!殺されるな! 小松 知惠子

 

◆ 発言あり

奨学金基金底をつく

   バイトに明け暮れる大学生

                田崎 公司

 

 

◆ いまも継続する「原発震災」・38 ◆

アベは民を見捨てた!        

              サトウ アトム

 

◆ 遠距離介護・18 ◆

治療も手術もできない100歳の伯父 

                佐久間敏幸

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


合本『人権と教育』

2年分20号をまとめた合本・各2000円送料含
欠号もあります。お問い合わせください。

月刊『人権と教育』、姉妹編の雑誌『人権と教育』、合本は一般書店で扱っておりません。お求めの場合は、直接「実現する会」へお問い合わせください。

 

月刊『人権と教育』は、B5版、20ページ。年10回刊。

各号220円(送料込み)。

 

雑誌『人権と教育』は、B5版、144ページ。年2回刊。

各号1,000円(送料込み)。

 

合本『人権と教育』は、2年間発行の月刊紙の保存版。

各号2,000円(送料込み)。

 

雑誌『人権と教育』

年2回刊。B5版144ページ。論文を中心に編集した月刊『人権と教育』の姉妹版。各号頒価1.000円(送料、当方負担)。一般書店では取り扱っていません。

雑誌『人権と教育』59号発刊!(2014.6.30)

雑誌『人権と教育』60号発刊!(2015.1.20)

 

特集I・貧困時代と子育て

 

特集II・ さしせまる危機ー反転の契機はどこに

 

 

 ほか(↓目次)

 

 


編集部員募集中!

『人権と教育』は、印刷以外すべて編集部で行っています。原稿の印字化、台割り、割付、版下づくり……。遠方の方は、原稿の印字化を、近い方は割付、校正など参加できます。

 

「声」をお寄せください

『人権と教育』は全国紙です。ウチではこんなことがあった、私はこんな教育実践をしているけれどなどなど、問題や課題などをぜひ寄せてください。

 

『増刊・人権と教育』(書店にて購入もできます)

B5判176ページ・年2回刊。各号1000円。年間講読料2000円送料含 

 

 

『実現する会』にお申し込みいただければ、税、送料を会負担で自宅へ郵送いたします。

 

障害者の教育権を実現する会

さいたま市浦和区常盤9-10-13 ライオンズマンション浦和常盤204

電 話 048-832-6966  F a x 048-832-6966  http://www.jinken.jp/